切れ痔とは?

切れ痔とは便が肛門を通過する際に肛門が切れたり避けたりする
痔のことです。
切れ痔は鋭い痛みを伴い、その主な原因は便秘です。
痛みには軟膏を塗り、痛みを軽減させます。
もっとも大切なことは便秘にならないこと。
食物繊維を充分にとり、適度な運動で腹筋を鍛え
便秘を解消させましょう。

切れ痔は肛門に近い痛みを感じやすいところで裂けたり切れたりして起こります。
そのため激痛を伴うこともあります。
便秘により、便が硬く太くなってしまうとそれを無理に押し出すときに
肛門が刺激で傷つきます。
いぼ痔は痛みがほとんどありませんが切れ痔は痛みを伴うのが特徴です。

切れ痔いぼ痔についで女性に多い疾患です。
その理由として女性には便秘の人が多いからです。
切れ痔は20〜40代女性に多く見られます。

切れ痔の症状

出血は少ないが、排便時に激しく痛むのが切れ痔の特徴です。
次のような症状があったら切れ痔が疑われます。

◎長期間便秘が続いている
切れ痔の原因は便秘によるものがほとんどです。
食生活に気を付け、便秘を改善する努力をしましょう。
◎排便するときやあとに痛みや出血がある
肛門を硬い便が通るときに激しい痛みを感じます。
排便後に肛門の周囲の筋肉がけいれんを起こすため
ジーンとしびれたような痛みがあることもあります。
切れ痔は出血は少ないのが特徴でトイレットペーパーに少しつくくらいです。
◎普段便が細い
切れ痔が進むと肛門内部の傷が炎症を起こします。
さらに悪化すると皮膚が硬くなり、肛門が硬く、狭くなります。
     →「肛門狭窄(こうもんきょうさく)」
ここまで進行すると便は細くなり、
時には鉛筆ほどの太さの便しか出なくなります。


スポンサードリンク



menu
HOME
いぼ痔症状
いぼ痔検査と治療
切れ痔症状
切れ痔検査と治療
痔ろう症状
痔ろう治療
妊娠と痔
リンク
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
脂肪燃焼筋肉トレーニング方法
お家で簡単ダイエット方法
痩せる方法
便秘解消
溶連菌感染症について