痔ろうとは?

便の中の細菌に感染し、お尻に膿の管ができるのが痔ろうです。
痔ろうは自然治癒しません。早めに肛門科に受診しましょう。

痔ろういぼ痔についで男性に多い疾患です。
別名をあな痔といいます。
肛門の少し上に歯のようにギザギザした歯状線という部分があります。
痔ろうはそのギザギザの小さなくぼみに便が入ってしまい、
便に含まれる細菌に感染するのが原因です。
細菌による感染は肛門周囲膿瘍となった後、痔ろうになります。

肛門周囲膿瘍とは?

細菌に感染した肛門はまず、炎症を起こし、膿がたまります。
炎症を起こしているためお尻に熱を持ち、赤く腫れます。
この段階で、激痛が走り、38度ほどの熱を出すこともあります。
激痛は突然起こるため、医療機関に駆け込む人も少なくありません。
医療機関では炎症部分に麻酔をし、小さく切開して膿を出します。
そして抗菌薬・鎮痛薬を処方します。
膿は自然に出ることもあります。膿が出ると痛みは軽くなります。

肛門周囲膿瘍から痔ろうへ

肛門周囲膿瘍で治る人もいますが、痔ろうへ移行する人は
半数以上いると言われています。
膿を出した際の出口と、細菌の感染した入り口を
結んだトンネルが残ってしまい、その管が膿の通り道になります。
これが痔ろうです。
痔ろうは強い痛みはありませんが鋭い痛みが走ります。
膿のトンネルの出口からは常に膿を含んだ分泌物がでるため
下着がよごれたり、べたべたした不快な感じがします。
この分泌物によりお尻がかぶれて痒くなったりもします。
時にはこの出口がふさがり、中に膿が溜まって、
肛門周囲膿瘍と同じ症状をぶり返すことがあります。


スポンサードリンク



menu
HOME
いぼ痔症状
いぼ痔検査と治療
切れ痔症状
切れ痔検査と治療
痔ろう症状
痔ろう治療
妊娠と痔
リンク
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
脂肪燃焼筋肉トレーニング方法
お家で簡単ダイエット方法
痩せる方法
便秘解消
溶連菌感染症について